日本紙交易株式会社

English

会社案内

沿革

沿革


大9年 7月 市川洗蔵により紙類の国内及び海外取引専門商社として市川洗蔵商店を創業
昭19年9月 企業整備令に基づき、且s川洗蔵商店の輸出実績により、近畿地区紙類輸出業者として日本紙交易株式会社を設立し、東南アジア方面の政府貿易に従事。
昭21年12月 東京事務所開設
昭29年 4月 且s川洗蔵商店を日本紙交易鰍ノ統合し、国内ならびに海外取引を継承。
昭40年 6月 通運大臣により輸出貢献企業の認定を受ける。
昭43年 9月 本社を現在地に移転。
昭44年12月 代表取締役社長に市川 弘就任。
平 2年 5月 代表取締役社長に市川 司朗就任。

国内営業部門と海外貿易部門の2部門があり、両部門共に戦前から密接な得意先が多く、長く安定した継続取り引きをしている。

● 国内営業部

主に段ボール原紙、紙管原紙、白板紙、薄葉紙、紙製品、包装資材などを扱っているが、最近は機械、化学製品、雑貨等の広い分野における国内取引、及び輸入販売にも多面的な展開を続けている。

● 海外貿易部

東南アジア、中近東、北米、南米、ヨーロッパ諸国に海外事務所、又は代理店を置き、紙、板紙、紙製品、機械、化学製品をはじめ各種プラント、輸送機械、非鉄金属、電気・電気機器、木材、繊維製品、食料品、農産物、雑貨の輸出輸入、三国間貿易を行っている。